受付 11:00~12:00,13:00~17:00(土日祝除く) 0663704199
神戸事業所078-361-8327
電話の受付時間にご注意ください。メールフォームからのお問い合わせが便利です。電話受付時間ご注意。メールフォームからが便利です。

AI画像解析・診断

日本が抱える医療の課題に
AIやITの技術で社会貢献しています

日本の医療の現状と課題

総務省統計局によると2020年現在の日本の総人口は1億2642万人で、内訳として高齢者(65歳以上)の数は3557万人であり割合にして約28%となっています。
総人口は2008年に過去最大となって以降、減少傾向が続いる一方で高齢者人口は年々増加傾向を続け、2040年には高齢者の割合が35%を超えるともいわれています。
更には新型コロナウイルス流行の追い打ちによる医療従事者不足、医療従事者への負担増が深刻な社会問題となっています。

下図は総務省統計局より(2021年9月15日現在推計)です。

増え続ける社会保障費

国家予算約106兆円のうち、34.0%に当たる約36兆円が社会保障費となっており今後も増え続けるこれら支出への対策も日本の課題です。
高齢者が増加すると医療費などの社会保障費がさらに上がるともいわれており、それらは結果として国民一人当たりの生活への負担となります。

私たちがITを通して実現した社会貢献ソリューションの取り組み

以下は、増え続ける高齢者がリスクとして抱える認知症の診断を支援するシステムの事例です。
大学などの共同研究などを通して、私たちが主体となって社会課題へのソリューションを実現しています。

弊社における研究開発の沿革

2009年 日本に於けるアルツハイマー病脳画像診断法の先導的研究として国立長寿医療研究センターが取り組んだ、脳の萎縮を遠隔画像診断するシステムを開発し、運用を開始
2011年 研究開発は継続的に行い、最終的に国内の医療拠点6箇所と海外医療施設1箇所をインターネットによるVPN接続しアルツハイマー患者のMRI画像を遠隔診断するシステムの改良に成功
現在    遠隔の画像診断やAI技術の研究開発を進めて、関連するサービスを提供しています。

AIを用いたシステムの高度化研究

現在は第3次AIブームとともに言われており、2015年にAlphaGoがプロ棋士に勝利したことなど大きな期待がAIに寄せられています。
とりわけ深層学習(ディープラーニング)は、画像認識に強みを持ち、写っているものが何であるのか瞬時に判断できます。
医療分野では、MR画像やCT画像など、さまざまな画像情報が利用していることから
医療従事者が気付かないような病変をディープラーニングが検知することで、医療従事者への負担が軽減されるのではないかと期待されています。
私たち、スキルシステムがこれまでの医療向けソリューションに対して、AIを用いて医療従事者への支援レベルの更なる高度化を研究開発しています。

AI画像解析・診断のお問い合わせ

受付 11:00~12:00,13:00~17:00(土日祝除く)06-6370-4199お問い合わせ