大阪・東京の中小企業のシステム開発を支援

お問い合わせ

大阪本社(受付 9:00~18:00 土日祝は除く) 06-6370-4199

ホーム 採用情報 採用に関するFAQ → English Site

採用に関するFAQ

エンジニアについて

スキルシステムズの行っているシステムサービスはどのようなものですか?

ホームページや通販システム・在庫管理システム等の開発、その他にも医療パッケージやフォントを利用したシステム開発・販売、最近ではスマートフォン・タブレットを利用した開発も実施しております。

プログラム開発が未経験でも活躍することができますか?

活躍できます。(現在も未経験から入社した人が活躍中です。)
当社独自の研修制度により、基礎から学んでいけます。

文系ですがシステム開発の仕事に携わることができますか?

文理等の区別は一切ありませんので、文系の方でもシステム開発の仕事に携わることが可能です。

HP内に記載されているQMSの意味は?

QMSとは、Quality Management Systemの略称です。
品質管理を中心とした組織の活動の中で、顧客満足を達成するための継続的な改善を目指すため、方針や目標を達成するためのシステムのことです。

プロジェクトにはどのようなプログラム言語を使用しますか?

C++,C,VB,C♯,Java,PHPなどを使用します。

採用・当社について

スキルシステムズを一言で表したらどのような会社?

やりたいこと、思ったことが本人の行動次第で実現できる会社です。

スキルシステムズはどのような人材を求めていますか?

システム開発は顧客が求めるものを形(システム)にしていくのが私たちの仕事です。
求められたものを形にするには社内の多くの部門の人とのコミュニケーションが必要ですので『人に自分が理解したことを伝える』ことが出来る人材を求めております。

スキルシステムズの各部署の主な仕事内容は?

開発本部は通販システム・WEBシステム・在庫管理システム等の開発。
営業本部は人材派遣サービス、社内受託案件の取得に向けての営業。

各部署の配属に対し、希望を聞いてもらえるでしょうか?

本人の希望を考慮の上、原則会社が決定します。

入社にあたって必要なスキルは何ですか?

スキルがあるに越したことはありませんが、基本的には人柄重視で判断しています。

残業、休日はどのようになっておりますか?

繁忙期も含めて平均すると、大よそ月15時間程度の残業を行っています。
休暇につきましては週休2日制(日祝、土曜は不就労日)、年間での休日は125日(当社カレンダーによる)となります。
対象:ゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始、バースディ休暇、特別休暇、出産休暇、育児休業、介護休業 等

社員の平均年齢(年齢層)はどのくらいですか?

平均年齢:39.5歳
年齢層としては30代半ばが多いです。

スキルグループ社員に女性は何人ほどいますか?

14名在籍しています。(2018年度現在)

結婚・出産後も仕事を続けることは可能ですか?

結婚はもちろん、出産後も業務に復帰することは可能です。
時短勤務(例 10時~16時)を利用して、仕事と家庭を両立されている方もおられます。

転勤はありますか?

基本的に転勤はありません。
関西圏(神戸、姫路)での勤務も可能ですので本人の希望を重視します。

恒例行事にはどのようなイベントがありますか?

恒例行事としましては、創立記念式典(3月下旬、もしくは4月上旬)、スポーツ大会(6月)、忘年会の1泊2日旅行(12月)などが行われています。

システム事業部 ソリューション1課 森田 旬哉

森田 旬哉

開発本部 ソリューション課
平成19年入社

質問1スキルインフォメーションズを選んだ理由は?

会社の雰囲気と、自分のスキルを活かし、さらにスキルアップを図ることができそうだと感じたので入社しました。
入社前の面接では、身構える私とは裏腹に、フランクな感じで面接が進んでいき、いつもは緊張するはずの面接なのに私は臆することなく話せ、とても良い雰囲気の中で進んでいったことを覚えています。
そのような印象が強く、「ここで働いてみたい!」と思う自分がいました。
実際入社してからも、面接で感じた印象通り、役職に関わらずコミュニケーションがしっかりとれていることを感じました。

質問2スキルインフォメーションズではどの様な仕事に携わっていますか?

お客様への提案からシステム開発、運用サポートまで幅広い業務を担当しています。
システム開発では主にWEB関連が多く、WEB業界の動向を情報収集しながら、業務を遂行しています。

質問3今後取り組みたいことは何ですか?

お客様の目線で物事を考えることに取り組んでいきたいと考えます。
業務がら、お客様と直接話す機会が多いため、日々考えながら取り組んでいます。
いかにお客様の求めているものを引き出せるかを考え、ヒアリング能力の向上とともに、お客様のイメージを具現化できるようにしていきたいと思っています。

質問4今までで一番印象に残っている仕事は何ですか?

お客様への提案から開発、導入、サポートまで携わった仕事が一番印象に残っています。
お客様との信頼関係を築きつつ、導入後もサポートし続けることでお客様への満足していただけたと自負しています。
また、私自身も一連の流れを経験したことで、色々な観点から物事を見ることでできるようになり、現在の仕事に役立っています。

質問5年間行事であるスポーツ大会での思い出を教えてください。

入社してから現在まで1位しかとったことがありません。(少しの自慢です!笑)
チームスポーツが多いため、メンバーに恵まれ、うまくコミュニケーションをとれているからだと思います。

質問6社会人と学生の違いは何だと思いますか?

世間でよく言われる責任感は当然違います。
それだけ責任のある行動がとわれ、自分自身のみならず、社会への影響も大きくなるからだと思います。
また、やればやるだけ評価してもられるというところです!
もちろん学生の場合は成績に反映されると思いますが、社会人の場合はやる気があり、成果を上げていけば、信頼も勝ち取っていけます。
信頼してもられると仕事の幅も広がり、仕事する楽しみも感じれるようになりました。

システム事業部 ソリューション1課 佐竹 美智子

佐竹 美智子

開発本部 ソリューション課
平成15年入社

質問1スキルインフォメーションズを選んだ理由は?

以前はメーカーに勤務しており、入社してから数年間、社内システムの開発を行う部門にいたのですが、その後、製造事業所に異動。
しかし、ものづくりに参加してみて、やはり自分にはプログラム開発の方がむいていると感じ退職、その後、ポリテクセンターで半年間、情報システム分野の基礎知識を勉強し、ポリテクセンターへの求人でこの会社と出会いました。
初めて面談のために会社を訪問したときの会社の雰囲気と、この会社で、自分のスキルを活かし、さらにスキルアップを図ることができそうだと感じ入社しました。

質問2スキルインフォメーションズではどの様な仕事に携わっていますか?

私は育児休暇から復帰後、子供を保育園にあずけ1日6時間という勤務時間でシステム開発を担当しています。
システム開発といえば、6時間という短い勤務時間で対応することは難しい印象があると思いますが、時間制約があるなかで、周囲の協力を得ながら、日々効率化を心がけながら業務を行っています。

質問3今後取り組みたいことは何ですか?

私はこの会社に入社して10年以上になりますが、この会社で働きながら、結婚・出産を経験してきました。
後輩たちが、私と同じように結婚・出産と人生の岐路に立ったときに、この会社でなら働いていけると感じてもらえるような先輩で在り続けたいと考えています。

質問4スキルインフォメーションズの好きなところを教えてください。

会社の規模としては大きくありませんが、その分アットホームな会社です。
忘年会は毎年ホテルや旅館に宿泊していますが、子供を連れて参加しています。

質問5体調管理の秘訣を教えてください。

子供の体調管理となると、保育園にあずけていることもあり、よく病気にかかり、休みを取らざるを得ない状況になることがあります。
そういった場合は、自分の体調管理はもちろん必要になりますが、それとともに、会社を休んでも調整可能な仕事の進め方を考える必要があります。
周囲との連携、リスクを考慮したスケジューリングを心がけています。

システム事業部 ソリューション1課 磯田 浩範

磯田 浩範

開発本部 ソリューション課
平成20年入社

質問1スキルインフォメーションズを選んだ理由は?

学校ではプログラムを作ることを勉強していたので、それを活かせる仕事に就きたいと思っていました。その中でスキルインフォメーションズを選んだ理由は、2つあります。
1つ目は、幅広い分野の事業に携わっており様々な業務を経験できるので、自分のスキルアップにつながると考えたからです。
2つ目は、様々な事業を行っている中でも自社でパッケージの開発を行っている等医療関係に力を入れており、今後医療の分野は重要になってくると思い、そこに将来性を感じたからです。

質問2スキルインフォメーションズではどの様な仕事に携わっていますか?

現在は、DICOMという医療用の画像を扱うアプリケーションの開発に携わっています。
どのような事をするものかというと、DICOM画像を表示し、その画像内の腫瘍の直径や面積等を計測し、それを画像出力や印刷ができるというアプリケーションです。
開発はC#で行っており、私はその中で主に画像、計測データの表示部分の処理に携わっています。最近ではこの表示部分の処理をどのようにすれば高速化できるのかを、実現に向けて試行錯誤しているところです。

質問3スキルインフォメーションズはあなたから見てどの様な会社ですか?

私にとって、様々な技術を習得することのできる会社だと思います。
入社してそれ程経っていない私でも、実際のプロジェクトの一員として仕事を任せてもらえるので、実際の業務を通じて様々な事を勉強することができます。分らないことがあっても、周りのメンバーに聞けば親切に答えてくれるので、とても助けられました。
また、資格取得についても勉強会や模擬試験を開催する等のサポートを行ってくれるので、挑戦してみようという気持ちになり向上心を持つことができると思います。

質問4スキルインフォメーションズに入って変わったことは?(社会人になって変わったことは?)

自分のすることに対して責任をもつようになりました。
学生の頃は、できない事等があっても、そこから逃げることができたのですが、社会人になるとそのようなことは許されず最後まで向かい合っていかなければいけません。
なので、仕事の中でやり遂げることが困難だと思うことがあってもそこで投げ出さず、最後まで向き合うようになりました。
また、体調管理も責任の内だと考え、食事もコンビニの弁当で済ませるのではなく、自炊するように心がけ、なるべく野菜を取るようにしています。

質問5スキルインフォメーションズとあなたの将来像は?

まず、様々な業務を経験することで、自分のスキルを高めていきたいと思います。するとその中で自分がどのような事をしたいのか、どの分野が得意なのかといったことが見えてくると思うので、その得意な分野を伸ばしていき、このことだったらこいつに聞けばわかると思われ、頼りにされるような人材になりたいと思います。
また、得意分野だけでなくその他の事についてもスキルを高めていき、会社に貢献できるような存在になりたいです。

システム事業部 ソリューション2課 宮島 直紀

宮島 直紀

開発本部 ソリューション課
平成21年入社

質問1スキルインフォメーションズを選んだ理由は?

学校でネットワークの勉強をしていましたが、当時、将来性があると考えていた医療関係のシステムの仕事をしたいという思いがあり、医療関係のリクルート情報を探している時、この会社の事業内容を見て、自分のやりたい事と一致していた為、応募しました。

質問2スキルインフォメーションズではどの様な仕事に携わっていますか?

現在はAccessで作られた既存のシステムをOracleとC#のシステムに移行しています。
システムの作成ではイメージ通りにいかず悩んだりすることが多いですが、先輩方の考え方や作業方法などを学び自分のものにして頑張って行きたいと思います。

質問3スキルインフォメーションズはあなたから見てどの様な会社ですか?

人との繋がりを大切にしている会社であると思います。
スポーツ大会や泊りがけで行われる忘年会などのイベントで大阪、姫路、東京と全部署が集まるので普段顔を合わせる社員の方はもちろんの事、普段会う機会が少ない社員とも交流を深めることができます。

質問4スキルインフォメーションズに入って変わったことは?(社会人になって変わったことは?)

学生のころは難しい、解らない、などで途中放棄が出来ましたが、社会人になれば途中放棄が許されず、解らない部分を解明して仕事をやり遂げなければいけません。
社会人になって変わったことは、モノゴトを最後まで責任持ってやり遂げるようになりました。

質問5スキルインフォメーションズとあなたの将来像は?

システム開発をオールラウンドにこなし、こいつが作るなら安心だ。と思わせるようになっています。
将来像のために、まずは一つの得意分野を作り、このことだったらこいつに聞けばわかる。と言われるような技術者を目指します。

システム事業部 ソリューション2課 増田 新吾

増田 新吾

開発本部 ソリューション課
平成18年入社

質問1スキルインフォメーションズを選んだ理由は?

この業界に入ってからはプログラマとして仕事を続けてきましたが、それなりの経験を積んだ後はSEとして仕事ができるようになりたいと思っておりました。そんな折、前職場で現在の部長と仕事を共にしたというご縁があり、この会社を紹介していただきました。
詳しい話を伺った際、「この会社はやりたいことができる場を提供する会社であり、がんばろうとする人を評価する会社だ」と熱く語っていただいたことが印象的で、さらにそのような職場で働く部長に声をかけてもらえたことに感動・感謝して転職を決意しました。

質問2スキルインフォメーションズではどの様な仕事に携わっていますか?

入社直後は出向先において、通信事業の組み込み系システム開発・評価に携わっておりました。
本稿執筆時点では弊社の医療パッケージソフト(メディカル ナイス ナレッジなど)の改修・保守に携わっております。
オープン系の開発経験は少ないのですが、若手メンバーとチームを組んで、プロジェクトを進めております。

質問3今後取り組みたいことは何ですか?

顧客満足と自己満足を両立させた結果を出せるように仕事をこなしたいと考えています。
プロジェクトを成功させるのは当然なのですが、その仕事に携わったことで自分の成長も実感できるように、一つ一つ丁寧に仕事をこなすことを目標としています。

質問4入社前にしておけば良かったと思うことは何ですか?

基本的なマナー、一般常識を身につけておくべきです。
就業先の知識や技術は基礎知識さえあれば、応用的な内容は現場で学ぶことはできます。
しかし「仕事」は1人で行えるものではなく、取引先の担当者や社内・社外の作業メンバーといった自分以外の人たちとの交流がつきものです。
その「コミュニケーション」に必要なことは人間性。それは普段の態度や仕草といった自分がそれまでに積み上げたものであり、もし表面的な知識や所作で体裁を整えていても、本来の姿は相手に見抜かれるものです。
基本的なマナー、一般常識はコミュニケーションの基礎となります。それを疎かにせず、確実に自分のものとしてください。

質問5体調管理の秘訣を教えてください。

体調管理は非常に大事です。健全な身体があった上でないと仕事は成り立ちません。
システム開発の仕事は1日のほとんどがデスクワークのため、意識して行動しないと運動不足になりますし、知らず知らずのうちに首・肩・腰が凝ります。
身体を動かさないからこそ意識して「座る姿勢を正す」という些細なことから「規則正しい生活を送る」という私生活も含めたことまで、正しいとされる行動を継続することが重要だと考えて、実践して習慣となるように努めています。

質問6社会人と学生の違いは何だと思いますか?

「社会人になる」というのは成人式のように一定年齢を経過すればなれるものではなく、また就業したからなれるものでもありません。
また学生までで知り得る見識はとても狭く、浅く、偏っています。
そしてその事実は学生の本人には気付き得ないものでもあります。
しかし社会人未満の学生には、それを補って余る「可能性」が秘められていることも事実です。
もし、これから出会う新入社員に眠っている可能性・気づいていない可能性があるならば、それを引き出して育てることが、社会人の先輩としての責務であると考えています。

システム営業部 谷山 惠一

谷山 惠一

営業本部
平成24年入社

質問1スキルインフォメーションズを選んだ理由は?

前職で現在の上司と情報交換等のやり取りしており、その時に現上司の人物的魅力に惹かれたのがきっかけ。
スキルアップの為転職を考えた時、最初に浮かんだのが魅力的な方が働くスキルインフォメーションズでした。

質問2スキルインフォメーションズではどの様な仕事に携わっていますか?

システム開発に関する営業業務全般。
具体的には、自社エンジニアの常駐先(派遣先)であったり、社内案件、客先案件等で人手が足りない場合に、常駐できる人材を見つけてくる等。

質問3今後取り組みたいことは何ですか?

マネージメント。

質問4年間行事であるスポーツ大会での思い出を教えてください。

スポーツ大会の翌日に自分自身の結婚式が重なり、怪我しないよう、かつ迷惑かけないように参加し優勝したこと。

質問5社会人と学生の違いは何だと思いますか?

責任感。自分自身の行動、対応がそのまま会社の評判に直結する為。

姫路事業所 制御システム課 佐々木 敦史

佐々木 敦史

西近畿本部 姫路事業課
平成15年入社

質問1スキルインフォメーションズを選んだ理由は?

実は就職活動を始める際には、ソフトウェア開発を仕事にしたい、という程度のイメージしか持っていませんでした。
自分が好きなソフトウェア開発で何か人の役に立つことをしたい、それらの仕事を通して自分のスキルアップをしたいという想いはあったものの、具体的にどのような会社で、どのような仕事を、というようなものはありませんでした。
そんな中、当時は交通関係がメインだった会社が目に留まりました。自分自身も含めた大勢の生活に関わる仕事です。早速、会社説明会に出てみると、案内された職場の雰囲気も良く、担当の方の話も分かりやすいものでした。休日数にも気を配っていてきちんと仕事をしていれば休暇を取るのは難しくない、今日もワールドカップ観戦で休んでいる人がいるし。と聞いたのが今でも深く印象に残っています。
家に帰る頃には自分はあそこで働くんだ、と既に入社することが決まった気になっていました。

質問2スキルインフォメーションズではどの様な仕事に携わっていますか?

現在は金融関係の機械などを作っている会社内に常駐して現金を扱う機械の開発をしています。私の担当は主に機械のファームウェアのデバッグを支援するアプリケーションの開発です。メインの開発環境はVC2005となりますが、以前からあるもののバージョンアップなどになるとVC6が開発環境となることもあります。
自分の作ったアプリケーションに従って実際に機械が動くのは、自分以外の人間が作ったものとの連携が実感できて個人的にかなりやりがいを感じています。

質問3スキルインフォメーションズはあなたから見てどの様な会社ですか?

社員旅行やスポーツ大会など皆で集まるイベントがあるなど人と人の繋がりを大切にしている会社であると思います。忘年会は泊まりがけで行われます。
それらイベントのおかげで大阪、姫路、東京と所属がバラバラなだけでなく他社へ出向している人たちともコミュニケーションを取れる場が必ずあることになります。
また、イベントの主催は各部署持ち回りで担当することになるので普段仕事としている作業とは異なる内容なので良い経験になります。

質問4スキルインフォメーションズに入って変わったことは?(社会人になって変わったことは?)

「自由」という言葉について考えるようになりました。本来は自らを由とする、つまり自分の行動を自分の価値観を元に決めるということのようです。
しかし、そのためには拠所となる確固たる自分というものが必要になります。 自分というものをしっかりと持っていれば、自らの行動の結果もきちんと受け止められるようになるはずです。
仕事の面でも私生活の面でも、自分が今「自由」であるのか、事ある毎に自らに問いかける様になったこと。それが自分の感じている変化です。

質問5スキルインフォメーションズとあなたの将来像は?

ソフトウェア開発に関するどの行程に対する戦力としても応えることが出来る実力を身につけることを目標としています。
通常は経験を積みシステムエンジニアとしての業務をこなすようになると当然ながらプログラマーとしての作業は減っていって、新しい技術などにすぐに対応できなくなる場合もあるかと思います。
そういうことをなるべく減らしたいと思い、プログラマーとしての実力を維持・向上させつつ、システムエンジニアとしてのスキルも身につけ、どのような要求にも応えられる技術者を目指します。

Google+

先頭へ戻る